三島市にある「三島スカイウォーク」とは?概要と楽しみ方をご紹介

三島市にある「三島スカイウォーク」とは?概要と楽しみ方をご紹介

別荘地を検討するときに、レジャースポットの有無を考慮する方もいらっしゃるでしょう。
近くにレジャースポットがあれば、気軽に遊びにいくことができます。
この記事では、別荘地を三島市で検討している方向けに、三島スカイウォークの概要と楽しみ方をご紹介します。

三島市にある三島スカイウォークの概要

三島市にある三島スカイウォークの概要

三島スカイウォークは、日本の静岡県三島市に位置する全長400メートルの歩行者専用吊橋で、日本最長を誇ります。
橋は「オープングレーチング構造」により風を通しやすく、耐風安定化対策が施されているため非常に頑丈です。
主塔やメインケーブルは1㎡あたり200kgの荷重に耐えるよう設計されています。
この橋からは、日本一の高さを誇る富士山と、日本一深い駿河湾の両方を一望できる贅沢な景観が楽しめます。
三島スカイウォークは、一度に3つの日本一を楽しめるスポットとして話題となり、2015年の完成以来、たくさんの観光客が訪れるスポットです。

南エリア

三島スカイウォークは南エリアと北エリアに分かれています。
南エリアは吊り橋の手前に位置し、無料で利用できます。
ここには三島の特産物が味わえるレストランやお土産ショップ、総工費2億円のラグジュアリートイレなどがあり、見どころが豊富です。
箱根や伊豆のドライブ休憩にも最適で、ゆっくり過ごせる場所が多いです。

北エリア

一方、吊り橋を渡った先の北エリアには、往復560メートルのロングジップスライドや森の中で遊ぶアスレチックなど、体を使って楽しむアクティビティが充実しています。
また、フクロウやハリネズミとのふれあい体験もあり、高いところや運動が苦手な方でも楽しめる施設が整っています。
老若男女問わず誰もが楽しめる観光スポットです。

アクセス・入場料金

三島スカイウォークまでは、伊豆箱根鉄道駿豆線・JR東海道本線・JR東海道新幹線の「三島駅」から、東海バスの特急を利用し、20分ほどでアクセスできます。
車を利用する場合には、伊豆縦貫自動車道の「三島塚原IC」から車で約10分、箱根新道の「箱根峠」から車で約10分です。
普通車であれば、400台の無料駐車場が完備されているため、車でのアクセスがしやすいです。
また、三島スカイウォークの入場料金は、大人1,100円、中高生500円、小学生200円で、幼児は無料となります。
施設内のそのほかのアクティビティは、別途料金がかかるため、ご注意ください。

●所在地:静岡県三島市笹原新田313
●営業時間:9:00~17:00
●定休日:年中無休
●アクセス方法:伊豆箱根鉄道駿豆線・JR東海道本線・JR東海道新幹線「三島駅」より特急バス約20分
●駐車場:あり(普通車400台まで無料)

▼この記事も読まれています
伊豆の国市の別荘地「富士見ニュータウン」の魅力や周辺環境をご紹介!

三島市にある三島スカイウォークの楽しみ方「フォトスポット」

三島市にある三島スカイウォークの楽しみ方「フォトスポット」

三島市にある三島スカイウォークを訪れたときは、ぜひ「映える」写真を撮りましょう。
続いて、三島スカイウォークの楽しみ方の一つ、おすすめのフォトスポットをご紹介します。

フォトスポット①:オブジェ

三島スカイウォークのオブジェは、人気の撮影スポットです。
富士山と吊り橋を背景に、オブジェと一緒に記念写真を撮ることができます。

フォトスポット②:富士山

三島スカイウォークから見える富士山は、左右対称で絵に描いたような美しい形をしています。
季節によってその姿が変わり、夏には澄んだ青色に染まり、冬には雪化粧をまとった姿を楽しめます。

フォトスポット③:展望台

吊り橋に向かって右側の階段を上ると展望台があり、ここからは吊り橋全体を写真に収めることができます。
友達や家族と来たときには、何人かが吊り橋を渡り、1人がここから撮影すると、まるで空中を歩いているような写真が撮れます。

フォトスポット④:ウッドテラス

吊り橋を渡った先にあるウッドテラスでは、大パノラマの景色を楽しめます。
空中散歩の後、大自然の中で街並みや景色を眺望しながら食事をするのもおすすめです。
同じエリアにある「ピクニックカフェ」では、ホットドッグやサンドウィッチをバスケットに詰めたメニューを提供しており、ウッドテラスで楽しむのもいいでしょう。

フォトスポット⑤:夕日

夕方には、駿河湾に沈む夕日や赤く染まる空、そして富士山の美しい景色が広がります。
とくに11月から2月にかけては、吊り橋から夕焼けを楽しむ「サンセットウォーク」が開催されます。

フォトスポット⑥あじさい

例年6月中旬から7月中旬に見頃を迎え、約7,000㎡のエリアに205種類、1万3,000株のあじさいが咲き誇ります。
この時期は、色とりどりのあじさいが美しい写真を撮るのにぴったりです。

▼この記事も読まれています
別荘地としての「伊豆の国市」の住みやすさ!ゴルフ好きにもおすすめ

三島市にある三島スカイウォークの楽しみ方「アクティビティ」

三島市にある三島スカイウォークの楽しみ方「アクティビティ」

三島市にある三島スカイウォークに訪れたら、アクティビティを体験することをおすすめします。
三島スカイウォークを楽しむアクティビティの中から、とくにおすすめの楽しみ方をご紹介します。

アクティビティ①:森のアスレチック

森のアスレチックは、フランス発祥の「自然共生型アウトドアパーク」です。
大規模な開発を避け、森をそのまま活用して環境への負荷を最小限に抑えたアクティビティが楽しめます。
専用のハーネスを着用して樹と樹を渡り、冒険気分を満喫できます。
アドベンチャーコース、キャノピーコース、、キッズコース、ロングジップスライド、クリフチャレンジャーの5コースがあり、大人から子どもまで楽しめるでしょう。

アクティビティ②:ドラゴンキャッスル

巨大な六角柱の塔「ドラゴンキャッスル」は、2022年8月にオープンした高さ18メートル、全6階層の天空タワーアスレチックです。
さまざまな難易度のアクティビティが楽しめ、アスレチックコースのほか、1階にはキッズコースもあり、家族全員で楽しめます。
また、最上階には360度の展望デッキがあり、富士山、駿河湾、田方平野、伊豆・箱根の山々を一望できます。

アクティビティ③:ゴーゴーバギー

冒険気分を味わいたいけど、体を使うのは苦手な方におすすめなのがゴーゴーバギーです。
自然の地形を活かしたパワフルなコースで、大きな段差やデコボコを乗り越える達成感が味わえます。
事前にインストラクターによる講習があるので、初心者でも安心です。

アクティビティ④:セグウェイガイドツアー

セグウェイガイドツアーは、オフロードタイプのセグウェイに乗り、自然いっぱいの森の中をガイドと共に探索するツアーです。
初心者コースと中級者コースがあり、スカイウォークの誕生秘話などを聞きながら手軽に楽しめます。
楽に移動しつつ、森を冒険したい方におすすめです。

アクティビティ⑤:レイルツアー

レイルツアーは、欧州で話題の電動アシストマウンテンバイクを使ったガイドつきツアーです。
このE-BIKEは、スポーツサイクル用の強力なアシスト機能を搭載し、山道のアップダウンを楽に走破できます。
急坂でもアシスト機能を活かしてらくらく登ることができ、普通の自転車とは一味違う乗り心地を手軽に体験できます。
本格的な体験を簡単に楽しめる、満足度の高いアクティビティです。

▼この記事も読まれています
別荘地を購入する際は海沿いと山中のどちらが良い?

まとめ

三島スカイウォークは、静岡県三島市にある全長400メートルの日本最長の歩行者専用吊橋で、富士山と駿河湾の絶景が楽しめる人気スポットです。
吊り橋の手前に位置する南エリアは無料で利用でき、特産物を楽しめるレストランや豪華なラグジュアリートイレがあり、北エリアはアクティビティが充実しています。
三島市の別荘地を購入したなら、ぜひ三島スカイウォークへ訪れてみてはいかがでしょうか。


トップへ戻る