【2023】別荘地が集まる「伊東市」の住みやすさとは?より自然に近い住環境が魅力

人気の別荘地

別荘地が集まる「伊東市」の住みやすさとは?より自然に近い住環境が魅力

近年、関東に近いリゾート地や別荘地として注目を集めている伊豆半島。
熱海市をはじめとしてさまざまなエリアがありますが、そのなかでも数多くの別荘地が広がっているのが今回ご紹介する「伊東市」です。
ではなぜ伊東市には多くの別荘が集まっているのでしょうか?
そこで今回は伊東市が別荘地として人気な理由を、住環境や休日に楽しめる観光・レジャー、アクセス面の観点からご紹介いたします。

伊東市の住みやすさ①:熱海よりもさらに自然に溢れた「住環境」

伊東市の住みやすさ①:熱海よりもさらに自然に溢れた「住環境」

静岡県の伊東市は伊豆半島の東側、熱海市からさらに南に下った場所にある街です。
伊東市が別荘地として人気な理由を紐解くために、まずは伊東市の住環境の魅力を解説いたします。

伊東市の住環境:自然に包まれた街並み

伊豆半島の有名別荘地といえば熱海市ですが、人気で土地利用も盛んなため、比較的市街化されてしまっており、まちなかの自然は少なめです。
しかし伊東市は、自然に包まれるように市街地や別荘地が形成されているのが大きな特徴。
西側は伊豆半島ジオパークの一角を成す天城連山、東側は相模湾の豊かな海に挟まれており、その間には緑にあふれた陸地が広がっています。
別荘地は自然のなかを縫うようにつくられており、宅地と宅地は木々で隔たれ、どこにいても自然を感じられます。
また陸地は海に向かってなだらかな傾斜地となっているので、場所によっては海への眺望も確保できるでしょう。

伊東市の住環境:マリンレジャーや温泉を楽しめる

そんな自然に囲まれた環境なので、伊東市ではマリンレジャーが盛んです。
とくに南部の城ヶ崎海岸周辺は溶岩流によってできた荒々しい絶壁となっており、ダイビングスポットが点在しています。
また北部の宇佐美海岸は比較的穏やかな波が打ち寄せるため、海水浴だけでなくサーフィンスポットとしても人気です。
さらに伊東市といえば全国屈指の温泉湧出量でも有名で、市内には日帰り温泉施設もたくさんあるので、日常的に温泉を楽しむこともできますよ。

伊東市の住環境:リゾート地ながら生活密着型の商業施設も充実

一般的にリゾート地や別荘地では、日常的に必要な商業施設が少ないイメージがあるかもしれません。
しかし伊東市では幹線道路沿いを中心に、スーパーマーケットやドラッグストア、ホームセンターが充実しています。
別荘地は市の全体に広がっていますが、どのエリアでもこれらの商業施設が揃っており、生活に不便さを感じることはなさそうです。
アクティビティだけでなく食事やDIYにもこだわる、豊かな別荘暮らしが叶えられるでしょう。

伊東市の住環境:新鮮な魚介類が楽しめる

また伊東市は伊豆半島でも随一の漁場としても知られています。
アジやサバ、イワシなどの大衆魚の漁獲から、キンメ・ムツ・イカの一本釣りなどもおこなわれており、多種多様な魚介が水揚げされます。
伊東港周辺には鮮魚店がたくさんあり、その日に獲れた新鮮な魚をいただけますよ。
さらにスーパーマーケットで販売されている魚でも十分に美味しいので、地域の食材を楽しみたい方におすすめです。

▼この記事も読まれています
伊豆の国市の別荘地「富士見ニュータウン」の魅力や周辺環境をご紹介!

伊東市の住みやすさ②:海と山を満喫する「観光・レジャー施設」

伊東市の住みやすさ②:海と山を満喫する「観光・レジャー施設」

先ほども一部ご紹介したように、豊かな海と山に挟まれた伊東市では、自然を楽しめる観光スポットやレジャー施設が充実しています。
今回はそのなかでも別荘を所有される方にぴったりなスポットや施設をご紹介いたします。

伊東市の観光・レジャー施設:伊東サンライズマリーナ

伊東市でヨットやクルーザーを所有するなら「伊東サンライズマリーナ」の利用がおすすめです。
JR伊東駅からほど近い「道の駅 伊東マリンタウン」に隣接するマリーナで、充実した施設が特徴となっています。
まず気になる収容可能隻数ですが、海上には97隻の船舶を係留できます。
また海上区画の隣には、陸上に船を保管できるポートヤードも設置されており、そちらにも123隻が収容可能です。
さらに給油バースや修理が可能なサービスセンター、トイレ・シャワーを備えたオーナー専用のクラブハウスも揃っており、海での時間をより素敵なものにしてくれるでしょう。
マリーナの隣には道の駅だけでなく、日帰り温泉施設「朝日の湯」もあるので、海を楽しんだ後に温泉でゆっくりと疲れを癒すこともできますよ。

伊東市の観光・レジャー施設:川奈ホテルゴルフコース

海も山も望める自然に恵まれた伊東市では、その自然を活かした4つのゴルフ場があります。

●川奈ホテルゴルフコース
●サザンクロスリゾート
●ゴールド川奈カントリークラブ
●伊東カントリークラブ


このなかでもとくに人気なのが、相模湾に面した「川奈ホテルゴルフコース」です。

川奈ホテルゴルフコースの「富士コース」
川奈ホテルゴルフコースには2つのコースがあります。
そのうちの「富士コース」は、海を眺めながらプレーできるだけでなく、名門コースとしても有名なコース。
アメリカのゴルフマガジン誌が選出する「世界ゴルフ100選」にも選ばれており、世界的にもトップクラスのゴルフコースだといえます。
コースは18ホール・パー72で構成されており、美しい景観ながらも、東洋一の難易度といわれています。

川奈ホテルゴルフコースの「大島コース」
またもうひとつの「大島コース」も、青い海と深い緑のなかでプレーできることから人気です。
18ホール・パー70のコースで、広めのフェアウェーが特徴ですが、比較的距離が短めでトリッキーだといわれています。
徒歩で回る富士コースとは異なり、GPSナビ付きのカートで乗り入れられるので、快適にコースを回ることができますよ。
その他の3つのゴルフコースも、自然のなかでゴルフを楽しめるので、伊東市に別荘を持ってゴルフをするなら、ゴルフ場選びに困ることは少ないでしょう。

▼この記事も読まれています
別荘地としての「伊豆の国市」の住みやすさ!ゴルフ好きにもおすすめ

伊東市の住みやすさ③:東京からも訪れやすい「アクセス」

伊東市の住みやすさ③:東京からも訪れやすい「アクセス」

ここまでご紹介したように、伊東市は自然の美しさと暮らしやすさが両立した環境が魅力ですが、別荘を所有する場合は、都市圏からのアクセスも気になりますよね。
ここでは最後に、交通手段別の伊東市へのアクセス方法をご紹介いたします。

伊東市へのアクセス:電車の場合

伊東市には熱海駅から発着する「JR伊東線」と、伊東駅から下田方面を繋ぐ「伊豆急行線」が通っており、合計7つの駅が設置されています。
熱海駅から伊東駅までは約20分なので、東海道新幹線から乗り継ぎすれば、東京駅から1時間程度で伊東駅に着くことができるでしょう。
またJR伊東線の区間は伊東駅までですが、その先の伊豆急行線の区間にはJRの特急「踊り子」が直通しています。
踊り子は伊東駅のほかに、周辺に別荘地が多い南部の伊豆高原駅にも停車します。
東京駅から伊豆高原駅へは踊り子で約2時間かかるため、新幹線を利用して熱海駅で乗り換えたほうが所要時間は短いですが、踊り子なら乗り換えが必要ない点がメリットです。

伊東市へのアクセス:マイカーの場合

東京・名古屋・大阪から伊東市へ車でアクセスする場合、基本的には東名高速道路を利用することになります。
東京からの場合、東名高速道路から厚木ICで小田原厚木道路に乗り換え、石橋ICからは真鶴道路と熱海ビーチライン、国道135号線を利用することで伊東駅周辺に着きます。
東京から伊東市までの所要時間は2時間半ほどです。
名古屋・大阪方面からの場合、沼津ICで東駿河湾環状道路・伊豆縦貫自動車道に乗り換えて大仁中央ICまで行き、その後伊東大仁線と国道135号線で伊東市まで行きます。
この場合、名古屋からであれば3時間半ほどで伊東市に到着できるでしょう。
また御殿場・箱根方面から行く場合や、景色を眺めながら伊東市までのドライブを楽しみたい場合は「伊豆スカイライン」の利用がおすすめです。
伊豆スカイラインは熱海峠から天城高原を繋ぐ、伊豆半島の尾根を走る有料道路です。
高速道路よりも時間はかかりますが、その分、相模湾の海や富士山を望みながらドライブを楽しめますよ。

▼この記事も読まれています
別荘地を購入する際は海沿いと山中のどちらが良い?

まとめ

相模灘と伊豆半島の山々に挟まれた伊東市には、緑豊かで生活に必要な施設も揃った、自然と人間生活のバランスが良い別荘地が広がっています。
また海のアクティビティをサポートしてくれるマリーナや、景色を楽しみながらプレーできるゴルフ場が揃っており、休日のレジャーにも事欠きません。
伊豆半島で不便なく自然にも溢れた別荘地をお求めの方は、伊東市で物件を探してみてはいかがでしょうか?


”人気の別荘地”おすすめ記事

  • 【2024】長野原町に別荘を持とう!住環境や観光・レジャーなどから街の魅力をご紹介の画像

    【2024】長野原町に別荘を持とう!住環境や観光・レジャーなどから街の魅力をご紹介

    人気の別荘地

  • 【2024】飯綱町に別荘を所有しよう!住環境や観光・レジャーから街の魅力をご紹介の画像

    【2024】飯綱町に別荘を所有しよう!住環境や観光・レジャーから街の魅力をご紹介

    人気の別荘地

  • 【2024】那須塩原市に別荘を持つ魅力とは?市内の住環境やアクセスをご紹介の画像

    【2024】那須塩原市に別荘を持つ魅力とは?市内の住環境やアクセスをご紹介

    人気の別荘地

  • 【2023】別荘を持つなら「那須烏山市」がおすすめ!3つの魅力について解説!の画像

    【2023】別荘を持つなら「那須烏山市」がおすすめ!3つの魅力について解説!

    人気の別荘地

  • 【2023】別荘を持つなら「裾野市」がおすすめ!3つの魅力について解説! の画像

    【2023】別荘を持つなら「裾野市」がおすすめ!3つの魅力について解説!

    人気の別荘地

  • 【2023】冬のアクティビティが楽しめる!裾野市のスノーパーク イエティをご紹介の画像

    【2023】冬のアクティビティが楽しめる!裾野市のスノーパーク イエティをご紹介

    人気の別荘地

もっと見る

トップへ戻る