【2023】「伊豆市」に別荘を持つ魅力とは?住環境や観光・レジャー施設について解説

人気の別荘地

「伊豆市」に別荘を持つ魅力とは?住環境や観光・レジャー施設について解説

静岡県の「伊豆市」は、その名のとおり伊豆半島の中央部に位置する街です。
修善寺温泉をはじめとした温泉街として有名で、豊かな山の自然や景色も楽しめる場所として、市内には別荘地も点在しています。
そこで今回は伊豆半島で別荘をお探しの方に向けて、伊豆市に別荘を持つ魅力を住環境や観光・レジャー施設の有無、アクセスなどの面からご紹介いたします。

「住環境」から見る伊豆市に別荘を持つ魅力とは?

「住環境」から見る伊豆市に別荘を持つ魅力とは?

別荘では週末や休暇に長期滞在することも多く、普段の住まいと同様に、住み心地が使いやすさに直結します。
そこでここでは、伊豆市の住環境についてご紹介いたします。

伊豆市の住環境:豊富な温泉

伊豆半島といえば温泉が豊富なことで有名ですが、もちろん伊豆市にもさまざまな温泉があります。
とくに人気なのは修善寺・土肥・天城湯ヶ島などの温泉地です。
修善寺温泉には伊豆最古の温泉といわれる独鈷の湯があり、周辺には川沿いや竹林に散歩道があるので、散策を楽しめます。
また土肥温泉は駿河湾に面した海側にあり、海を望みながらゆっくりと温泉に浸かることができますよ。
さらに南部の山間部にある天城湯ヶ島温泉では、こじんまりとした宿が多くあり、山の自然に包まれたプライベートな時間を過ごすことが可能です。

伊豆市の住環境:心安らぐ自然と景観

山に囲まれた伊豆市には、旭滝や滑沢渓谷などの山の景色や水の流れを感じられる景勝地が点在しています。
また西部は駿河湾に面しており、恋人岬からは広々とした海だけでなく、海の向こうに富士山も望むことができます。
修善寺温泉街には和を感じる情緒ある街並みも残っており、日本らしい自然と景観を楽しめるでしょう。
さらに別荘地は緑の深い山中に拓かれていることが多く、山の自然に包まれるような気分で別荘での時間を過ごすことができます。

伊豆市の住環境:中心市街地には商業施設が充実

山間の地域が多い伊豆市ですが、中心地である修善寺温泉周辺は商業施設が揃っています。
駅前にはスーパーマーケットがあり、車で5分の場所にはホームセンターもあるので、日常生活で必要な買い物には事足ります。
また病院や薬局も駅周辺に揃っているので、万が一の際にも安心です。
山間部にもスーパーマーケットは点在していますが、山麓にある別荘地からは少し離れていることも多いため、別荘の立地には注意しましょう。

▼この記事も読まれています
伊豆の国市の別荘地「富士見ニュータウン」の魅力や周辺環境をご紹介!

「観光・レジャー施設」から見る伊豆市に別荘を持つ魅力とは?

「観光・レジャー施設」から見る伊豆市に別荘を持つ魅力とは?

別荘を持つなら、そのなかで過ごす時間だけでなく、周辺でどのような過ごし方ができるのかも気になりますよね。
ここからは別荘の購入をお考えの方におすすめな、伊豆市の観光・レジャースポットをご紹介いたします。

伊豆市の観光・レジャー施設1:修善寺温泉

伊豆市の観光スポットといえば、やはり修善寺温泉は外せません。
修善寺温泉は日本百名湯のひとつに数えられる温泉で、平安時代に弘法大師(空海)によって開かれたといわれています。
温泉街のなかには同じく空海によって創建された「修禅寺」や、ノスタルジックな雰囲気が漂う「竹林の小径」があることから、伊豆の小京都とも呼ばれています。
竹林の小径は京都の嵐山を彷彿とさせるほど、竹林や石畳の道が整えられており、途中にはベンチも備えられているので、ゆったりと散歩を楽しめますよ。
温泉街には他にも「指月殿」と呼ばれる伊豆半島最古の木造建築物や、「日枝神社」という子孫繁栄・家内安全のご利益がある神社などがあり、建築探訪もできるでしょう。
さらに温泉街からは車で10分ほど離れていますが、修禅寺には「正覚院」と呼ばれる奥の院があります。
より神聖で厳かな雰囲気を感じられるので、日本らしい静寂を感じに訪れてみてはいかがでしょうか。

伊豆市の観光・レジャー施設2:中伊豆グリーンクラブ

別荘の購入をお考えの方のなかには、ゴルフが趣味の方も多くいらっしゃるでしょう。
伊豆市にはいくつかのゴルフ場がありますが、そのなかでも評価が高いのが「中伊豆グリーンクラブ」です。
コースからは富士山や天城連山を眺めながらプレーできるのが大きな魅力で、自然を感じながらのゴルフを楽しめます。
気になるコースは18ホール・パー72の構成で、ホールごとに変化があるので、14本のクラブをすべて使えると評判です。
とくに4番ホールは難関といわれており、しっかりと距離を調整する正確なショットが要求され、上級者でも満足できるでしょう。
またクラブハウスも充実しており、富士山が一望できるレストランや、天城の温泉を引いた大浴場など、豪華な設備が揃っています。

伊豆市の観光・レジャー施設3:自転車の森サイクルスポーツセンター

伊豆市では国際的な自転車レースが開催されていたことから、自転車を活用した街づくりにも力を入れています。
そのひとつが国内主要トラックレースの開催地となっている「自転車の国サイクルセンター」です。
センターの周辺には家族で楽しめる全長2kmのファミリーサーキットと、競技やイベントでも利用される本格的な5kmのサーキットがあります。
さらにMTB用のワイルドなコースもあるので、さまざまな自転車の楽しみ方ができますよ。
とくに5kmのサーキットは、電線は地中化され、周辺には樹木も植えられているので、景観を楽しみながらも身体を動かせるのが嬉しいポイントです。

▼この記事も読まれています
別荘地としての「伊豆の国市」の住みやすさ!ゴルフ好きにもおすすめ

「アクセス」から見る伊豆市に別荘を持つ魅力とは?

「アクセス」から見る伊豆市に別荘を持つ魅力とは?

別荘を快適に利用するためには、そこまでの行きやすさ、つまりはアクセス面も重要です。
ここでは伊豆市へのアクセス方法を交通手段ごとにご紹介いたします。

伊豆市へのアクセス:電車の場合

伊豆市へは東海道新幹線および伊豆箱根鉄道駿豆線を利用することでアクセスできます。
まずは駿豆線との乗り換え駅である三島駅まで、新幹線を利用して行きましょう。
三島駅へは東京駅からひかりで約40分、名古屋駅からは約1時間10分、新大阪駅からは約2時間10分で到着します。
三島駅から駿豆線の終点、修善寺駅までは30分ほどなので、東京からであれば1時間半程度で着くことが可能です。
また駿豆線にはJR東海道線の特急踊り子が直通しています。
新幹線よりも時間はかかりますが、乗り換え回数と料金を抑えたい場合は、踊り子の利用も検討すると良いでしょう。

伊豆市へのアクセス:マイカーの場合

マイカーを利用する場合は、東名高速道路もしくは新東名高速道路で沼津IC・長泉沼津ICに行き、そこから伊豆縦貫自動車道でアクセスするのがおすすめです。
市街地付近の修善寺ICまでは東京発で約1時間50分、名古屋発で約3時間10分で行くことができます。
伊豆縦貫自動車道は伊豆市南部の月ヶ瀬にもICがあるので、天城方面へもアクセスしやすいです。
また先ほどご紹介した中伊豆グリーンクラブや東部の別荘地に行く際は、伊豆スカイラインの利用もおすすめです。
伊豆スカイラインは東部の山陵を走る有料道路で、道中には天城連山や富士山をゆっくり眺められる駐車場や展望台がいくつか整備されています。
別荘へ向かうついでに山々の雄大な景色を望みながらドライブを楽しめますよ。

伊豆市内のアクセス:路線バス

電車で伊豆市までお越しになる場合は、タクシーやバスで別荘まで行く場合もあるかと思います。
伊豆市では修善寺駅を中心に、各温泉地や観光スポット、別荘地に向けて路線バスが通っています。
山間部にもバスが通っているので、車がなくても安心して別荘まで通えますね。
また別荘地によっては独自にバスを出しているところもあるので、事前に確認しておきましょう。

▼この記事も読まれています
別荘地を購入する際は海沿いと山中のどちらが良い?

まとめ

静岡県の伊豆市は、豊かな自然と温泉、そして和の雰囲気が感じられる景観が魅力の、別荘地にも適した街です。
市内には修善寺温泉をはじめとしたさまざまな温泉やゴルフコース、サイクリングスポットがあり、自然を楽しみ身体を動かす、別荘地らしい休暇が過ごせます。
また山間部にありながらも電車やマイカーでアクセスしやすいので、伊豆半島で別荘をお探しの場合は、ぜひ候補のひとつに入れてみてはいかがでしょうか?


”人気の別荘地”おすすめ記事

  • 【2024】長野原町に別荘を持とう!住環境や観光・レジャーなどから街の魅力をご紹介の画像

    【2024】長野原町に別荘を持とう!住環境や観光・レジャーなどから街の魅力をご紹介

    人気の別荘地

  • 【2024】飯綱町に別荘を所有しよう!住環境や観光・レジャーから街の魅力をご紹介の画像

    【2024】飯綱町に別荘を所有しよう!住環境や観光・レジャーから街の魅力をご紹介

    人気の別荘地

  • 【2024】那須塩原市に別荘を持つ魅力とは?市内の住環境やアクセスをご紹介の画像

    【2024】那須塩原市に別荘を持つ魅力とは?市内の住環境やアクセスをご紹介

    人気の別荘地

  • 【2023】別荘を持つなら「那須烏山市」がおすすめ!3つの魅力について解説!の画像

    【2023】別荘を持つなら「那須烏山市」がおすすめ!3つの魅力について解説!

    人気の別荘地

  • 【2023】別荘を持つなら「裾野市」がおすすめ!3つの魅力について解説! の画像

    【2023】別荘を持つなら「裾野市」がおすすめ!3つの魅力について解説!

    人気の別荘地

  • 【2023】冬のアクティビティが楽しめる!裾野市のスノーパーク イエティをご紹介の画像

    【2023】冬のアクティビティが楽しめる!裾野市のスノーパーク イエティをご紹介

    人気の別荘地

もっと見る

トップへ戻る