【2023】山村で過ごす別荘時間!長野県「木曽町」に別荘を持つ魅力とは?

人気の別荘地

山村で過ごす別荘時間!長野県「木曽町」に別荘を持つ魅力とは?

山深い山村で、木々に囲まれながらプライベートな時間を過ごしたい。
そんな方におすすめなのが「日本でもっとも美しい村連合」のひとつである、長野県「木曽町」です。
標高3,067mの霊峰、御嶽山をはじめとした雄大な山々を望むことができ、歴史的な町並みや農村風景も残っているため、長閑な環境で別荘を持ちたい方に人気があります。
この記事では、木曽町に別荘の購入をお考えの方に向けて、木曽町の住環境や観光・レジャー施設、アクセス面をご紹介いたします。

「住環境」から見る木曽町に別荘を持つ魅力とは?

「住環境」から見る木曽町に別荘を持つ魅力とは?

とくに都市から離れた場所の場合、別荘らしさを感じて快適に過ごすためにも、アクセスで不便がないの確認は重要です。
別荘を持った際の住み心地の参考になるよう、まずは木曽町の住環境についてご紹介いたします。

木曽町の住環境:歴史と自然に培われた美しい町並み

木曽町はかつて中山道の宿場町として栄えた歴史を持ち、町内には今も往時の面影を残す町並みが残っています。
とくに町の中心地になっている「福島宿」には、伝統的な家屋が数多く残っており、それらを活かしたお店もたくさんあるので、そぞろ歩きを楽しめますよ。
また旧宿場町周辺を離れても、美しい景観は続きます。
険しい山間にある木曽町では、山の合間を流れる木曽川に沿って町が広がっているのが特徴。
田畑のなかにゆとりのある家屋が立ち並び、その背景には高くそびえ立つ山々が、ところどころには川も望める景色に、自然と心が癒されるでしょう。

木曽町の住環境:中心地には商業施設も充実

一般的に山間部にある町というと、不便なイメージがあるかもしれません。
しかし古くから宿場町として栄え、多くの人々が行き交ってきた木曽町では、さまざまなお店が集まっています。
とくに中心地である木曽福島駅前には都市部にもあるスーパーマーケットがあり、売り場面積も広いので、さまざまな食料品や日用品が買い揃えられます。
また駅周辺には病院や薬局、ドラッグストアも多くあるので、体調に不安がある際でも別荘を利用しやすいでしょう。
その他にも町内にはホームセンターが3軒ほどあり、コンビニエンスストアも点在しているので、それほど不便さを感じずに過ごせそうです。

▼この記事も読まれています
【2023】伊豆の国市の別荘地「富士見ニュータウン」の魅力や周辺環境をご紹介!

「観光・レジャー施設」から見る木曽町に別荘を持つ魅力とは?

「観光・レジャー施設」から見る木曽町に別荘を持つ魅力とは?

雄大な山々に囲まれ、歴史も長い木曽町では、休暇に自然や景色、アクティビティを楽しめるのも大きな魅力です。
ここでは木曽町にある観光スポットやレジャー施設をご紹介いたします。

木曽町の観光・レジャー施設:御嶽山

木曽町はいくつもの山々に囲まれていますが、そのなかでも町内から登りやすいのが「御嶽山」です。
標高3,067mと高いため、登るのが難しいイメージもありますが、5合目までは車で、5合目から7合目までは「おんたけロープウェイ」でアクセスできます。
ロープウェイからは眼下に広がる山麓と、遥か彼方の山影を望みながら、およそ15分の空中散歩を楽しむことができます。
山頂駅の屋上は展望台になっており、そこからも間近に迫る御嶽山や日本三大アルプスを一望できます。
さらに駅周辺にはプチ森林浴を楽しめる「しらびその小径」や、たくさんの高山植物を観察できる植物園もあり、登山をされない方でも気軽に山を満喫できるでしょう。
また山頂駅からは登山道に入り、本格的な登山をすることも可能です。
山頂付近では荒々しい活火山の光景と、開放的な大パノラマを望めますが、活火山ゆえに入山規制がかかっている場合があるので、事前に確認してから入山しましょう。

木曽町の観光・レジャー施設:木曽福島スキー場

標高の高い山があるということは、冬には雪が降りやすいということでもあります。
木曽町には32年の歴史を持つ「木曽福島スキー場」があり、多くのオールドスキーヤーに愛されています。
このスキー場の特徴は「スキーヤーオンリー」のスキー場であること。
スノーボードなどが滑っていないため、ストレスなく滑ることができ、スキーに集中できます。
コースは初心者・中級者向けが少ないですが、その分、上級者向けのコースが多く用意されており、上達すればするほど楽しくなるスキー場だといえるでしょう。
またスキー場は冬以外には稼働していない場合も多いですが、木曽福島スキー場では夏場はゲレンデがキャンプ場に早変わりします。
テントやキャンピング用品のレンタルもおこなっており、気軽にキャンプを楽しめるのも嬉しいポイントです。

木曽町の観光・レジャー施設:木曽カントリー倶楽部

また冬だけでなく、夏にはゴルフが楽しめるのも山の良いところ。
木曽町にある「木曽カントリー倶楽部」では、御嶽山や駒ヶ岳を望みながら、ゴルフをプレーすることができます。
標高1,100mの高原にあるものの、コースは全体的にフラットな丘陵コースとなっており、開放的で豪快なゴルフを楽しめます。
しかしコースには少しうねりがあり、各所に池も配置されているので、戦略的なプレーも期待できるでしょう。
またゴルフコースだけでなく、昭和の名建築家「吉村順三」氏によって設計されたクラブハウスも見どころです。
中部地方に多くみられる「本棟造」という建築様式が取り入れられており、他ではなかなか見られない、風土に馴染む建築を観賞できます。

▼この記事も読まれています
【2023】別荘地としての「伊豆の国市」の住みやすさ!ゴルフ好きにもおすすめ

「アクセス面」から見る木曽町に別荘を持つ魅力とは?

「アクセス面」から見る木曽町に別荘を持つ魅力とは?

以上のように木曽町には大自然を満喫できる魅力が充実していますが、山間の地域となると、そこまでに行きやすいかどうかも気になるのではないでしょうか?
ここでは木曽町へのアクセス方法を、交通手段ごとにご紹介いたします。

木曽町へのアクセス方法:電車の場合

木曽町には山間部ながらも、内陸部在来線の大動脈である「JR中央本線」が通っています。
東京駅と名古屋駅を結ぶ路線ですが、長野県の塩尻駅と名古屋駅間は「中央西線」とも呼ばれており、各主要都市を結ぶ特急列車も数多く運行されています。
名古屋駅から木曽福島駅までは、特急しなのに乗ることで、乗り換えなしで約1時間半ほどで訪れることが可能です。
東京駅・新大阪駅方面から訪れる場合は、東海道新幹線で名古屋駅まで行き、そこから中央本線に乗るのがおすすめです。
その場合、東京駅からは約3時間40分、新大阪駅からは約2時間30分で木曽町まで到着できます。
また東京からは特急を乗り継いで、木曽町まで行く方法もあります。
東京駅から松本行きの特急あずさに乗り、塩尻駅で名古屋行きの特急しなのに乗り換えることで、3時間20分ほどで木曽町に到着です。

木曽町へのアクセス方法:マイカーの場合

マイカーで木曽町まで行く場合、基本的には東西どちらも中央自動車道を利用することになります。
東京からは、高井戸ICで中央自動車道に乗って長野県の塩尻ICもしくは伊那ICまで向かい、そこからは降りて下道を走るルートになります。
また名古屋から行く際は、小牧ICから中央自動車道に乗って中津川ICまで行き、そこからは国道19号線で向かうルートです。
それぞれの所要時間は、東京からで約3時間30分、名古屋からで約2時間20分となります。

木曽町内のアクセス方法:路線バス

また木曽町では、路線バスが数多く運行されているのも特徴です。
木曽福島駅を発着している路線も多く、市街地だけでなく、別荘地が集まるエリアにも路線が伸びています。
さらに先ほどご紹介したおんたけロープウェイや木曽福島スキー場など、観光地やレジャー施設も通るようになっています。
そのため車がなくても公共交通機関だけで別荘を訪れて、観光やレジャーを楽しむことができるでしょう。

▼この記事も読まれています
別荘地を購入する際は海沿いと山中のどちらが良い?

まとめ

霊峰・御嶽山のお膝元にある木曽町は、古くから中山道の宿場町として栄えてきたこともあり、自然と歴史を存分に感じられる別荘地です。
御嶽山ではロープウェイを使って気軽に山の魅力を満喫できるほか、山の自然を活かしたスキー場やゴルフ場もあるため、山を楽しむ別荘暮らしにはピッタリだといえます。
くわえて三大都市圏からのアクセス手段も充実しており、とくに名古屋からは1時間半ほどで訪れられるので、気軽に別荘を使えるのも魅力的なポイントです。


”人気の別荘地”おすすめ記事

  • 【2024】長野原町に別荘を持とう!住環境や観光・レジャーなどから街の魅力をご紹介の画像

    【2024】長野原町に別荘を持とう!住環境や観光・レジャーなどから街の魅力をご紹介

    人気の別荘地

  • 【2024】飯綱町に別荘を所有しよう!住環境や観光・レジャーから街の魅力をご紹介の画像

    【2024】飯綱町に別荘を所有しよう!住環境や観光・レジャーから街の魅力をご紹介

    人気の別荘地

  • 【2024】那須塩原市に別荘を持つ魅力とは?市内の住環境やアクセスをご紹介の画像

    【2024】那須塩原市に別荘を持つ魅力とは?市内の住環境やアクセスをご紹介

    人気の別荘地

  • 【2023】別荘を持つなら「那須烏山市」がおすすめ!3つの魅力について解説!の画像

    【2023】別荘を持つなら「那須烏山市」がおすすめ!3つの魅力について解説!

    人気の別荘地

  • 【2023】別荘を持つなら「裾野市」がおすすめ!3つの魅力について解説! の画像

    【2023】別荘を持つなら「裾野市」がおすすめ!3つの魅力について解説!

    人気の別荘地

  • 【2023】冬のアクティビティが楽しめる!裾野市のスノーパーク イエティをご紹介の画像

    【2023】冬のアクティビティが楽しめる!裾野市のスノーパーク イエティをご紹介

    人気の別荘地

もっと見る

トップへ戻る